• 顧客名 : 大韓民国政府
  • プロジェクト名 : 電子政府システムの構築
  • 適用製品 : OZ全製品

行政自治部:汎政府の行政情報共有システム

汎政府(行政、公​​共、金融)行政情報共有システムのメイン、行政情報のマルチ閲覧履歴の検索機能を構築、標準化された政府の情報システムについて連携体系を用意、セキュリティシステムを強化させて安定した行政サービスを提供。各種請願申請書類のオンライン化、行政、公共、金融機関の業務プロセスの改善と管理業務の簡素化を通じた処理時間の短縮

国税庁:HomeTaxシステム

納税者の源泉徴収所得、不動産の保有状況、クレジットカードの使用実績などの個人の所得と財産保有状況の重要データを蓄積、管理している国税庁システムにエンドユーザーが必要な資料を簡単に組み合わせ/活用できる​​ようにOZ 製品がサポート

法務部:無人面会管理システム

無人面接プロセスと対象の収容者等を効果的に分析し、業務効率を向上させる。録音ファイルの検索、ダウンロード/アップロードなどを簡単にすることで科学的で透明な矯正行政業務を実装。拡大構築された無人面会管理システムは入会者なしの自由な会話環境を作られ、収容人と面会請願人の人権を増進させる。待機時間の短縮と面会時間の延長

国土交通部:韓国土地情報システム(KLIS)

GISベースの基礎空間データベースを構築し、管理業務を電算化し、国土分野政策の対民間サービスを画期的に改善させる。個別公示地価の管理、個々の住宅価格の管理、土地取引許可の管理、苦情発給管理、統合苦情発給管理など、全国230の市郡区の土地行政業務システムに適用

特許庁:情報検索システム

ユーザーに迅速かつ正確に特許情報の検索結果を提供できるようにグリッドを使用し、さまざまな機能を便利に使用できるように構築する。特に効果的な比較分析が可能になって、迅速な応答時間と簡単な出力物の更新が可能。特許庁職員の速やかで正確な意思決定と特許庁全体の従業員の活動を一目で管理監督することにより、結論の導出がより早くなって競争力が強化

外交通商部:パスポート受付予約システム

請願人がパスポート受付のために代行機関を訪問したとき、待機時間なしですぐに業務処理が可能になるように、インターネットを介して訪問時間を予約するシステムを構築。 2007年プロジェクトの完了後にメンテナンスを介して最適化されたサービスを提供し、管理者は受信履歴と統計レポートをウェブ上で確認し、自由に出力できるように機能を実装

企画予算処:予算審議システム

OZ製品が適用された統合システムの画面を利用し、政府中央機関、傘下機関及び関連機関などが申請する予算の審議統計など、いくつかの情報を提供することで意思決定者だけでなく、実際のユーザーにまで、各項目の信頼性の高いサービスを提供する。予算審議の関連情報をリアルタイム検索と大容量データの照会、データ分析およびレポート機能で、様々な資料の活用率をアップ

ソウル特別市:120タサンコールセンター

タサンコールセンターは、市政に関するすべての苦情に関して案内をするOne-Callサービスで一日4,000件以上の苦情を迅速かつ正確に案内しています。 OZ 製品の導入で、コールセンターがWeb環境で相談案内に必要な資料を簡単に閲覧することができ、問合せの顧客に速やかに情報を提供できるようになりました。特に交通機関の不具合、環境汚染、予算の無駄使い、水道についての苦情、住宅/建築相談などコールセンターの主要な相談サービスに必要な各種データが、相談スタッフのコンピュータ画面を介して提供されることで、それぞれの部門に電話をつなげたりせず、コールセンターで直接処理できるようになりました。これにより、担当公務員の電話苦情業務の負担が軽減され、申請の通貨成功率も高まる効果をもたらしています。

韓国電力公社:労務統合システム

韓国電力公社の統合システムは、5つの主要プロジェクト(エネルギー管理、安全性評価、提案管理、法務情報、退職金管理)と給与運営、学生ローンなど10個余りのサブプロジェクトで構成されている。既存システムがサーブレットとJSPで開発されてシステムを拡張する時の限界、ハードコーディングによる生産性の低下やメンテナンスの難しさがあった。 OZ 製品の導入で、システムの速度を改善、開発生産性の向上とメンテナンスコストの削減などの効果を上げ、UI開発の時、ビジネス·ロジックの部分だけに集中することができ、業務の集中度が高まる。また、1,000人以上の同時ユーザー接続時にもシステム負荷が全く発生しない安定性も高く評価されています。

健康保険審査評価院:ポータルシステム

JSP環境で開発された従来の健康保険審査評価院ポータルシステムは、出力フォーム、統計グラフ処理、トランザクションデータの活用などの処理に困難がありました。この業務の効率性を改善するためOZ SWを導入して、ポータルシステムを改編することで、速度の改善と開発生産性が大幅に向上されました。また、ネットワーク障害時にもデータが失われる心配がなくなり、各種分析、統計、画面チャート、クロスタブなどの高度なコンポーネントを活用して、迅速に実装することができ、開発の迅速性と利便性を提供しました。

そのほかにも韓国電力取引所、韓国教育学術情報院、大邱施設公団、ソウルメトロ、韓国産業技術試験院、放送通信委員会などの多数の政府や公共機関でOZ SWを導入して韓国電子政府の効率を向上させました。